スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

自社でコントロールできないことのリスク その2

以前から、「食べログには掲載されたくない」というお店の話しはよくききます。
お店のコンセプトを理解していないお客さんが、食べログの評価の☆だけ見て来店され、勘違いをしたまま悪いコメントを書いてしまい、その一部を切り取られてネットで拡散されるケースがあります。

極私見で言えば、お店のコンセプトを理解していないお客さん側に非があると思います。
ウィスキーBarに入って、ワインが不味いという評価を下されても、「ならワインBarに行けば?」と思うんです。

投稿されたコメントを削除訂正するには手間と時間がかかってしまいます。
これも、自社でコントロールできないことのリスクです。
自社での発信をすることで、この種のリスクを回避することできると思います。

最近では「☆の数が有料会員かで上げられる」といった記事も見受けられます。
やらせで低評価をして☆の数を下げて、そこから営業をする。
そんなやり方にも発展しかねないという不安にさせられる記事です。

もし仮に、このような「有料会員になれば☆の数を上げられる」という営業行為がされているのであれば、自社の発信力が高ければその事実を多くの方に伝えることで、牽制することができます。

むろん、やっているorやっていない、できるかもしれないという、可能性の話しではあるのですが、リスクに対処する「武器」は、一つでも多く持っていた方が良いです


食べログ、「年会費を払うと評価が上がる」疑惑 運営元は否定
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/08/news132.html

高野裕樹

最新の投稿

自社でコントロールできないことのリスク その1

「声」の魅力

あたりまえですが、クリック回数は少ない方が良いんです

丁半博打みたいな「やるならデカく」という視点では無い

“数”を尺度とすることの限界

SNSの公式アカウントの運営は難しい

リチャード・キンブルになれるか?(1993年の映画版ね)

良記事:カネカの炎上騒動で考える、炎上時の弁護士的対応が燃料投下になる理由

選挙とSNSついてモヤモヤ思うこと

kimonoと名付けられそうになった矯正下着のことについて、つらつらと書きます